top of page

会長挨拶

清水学会長.jpg

1993 年 に 、 大学 の 今 は 亡き デヴィッド ・ ブラッド ビイ から 「寺山 修司 の 全 全 の 英訳 と その を する よう に が 経ち 経ち 、 その 間 に に は 以来 、 歳月 が 経ち 、 その その 間 間 間 に は は 以来 永い が 経ち 経ち 、 その 間 間 間 に に は は 、 歳月 が 経ち 、 その その 間 間 に に は は 以来 歳月 が 経ち 、 その その 間 間 に は は 以来 歳月 が 経ち 、 その その 間 いただい に は 以来 永い が 経ち 経ち 、 その を いただい た は 以来 、 が 経ち 、 その を を いただい た は それ. 、 デヴィッド ・ ブラッド 教授 が 逝去 さ れ 、 また 寺山 修司 夫人 の の 條 條 さん も も 2014 年 4 月 30 日 鬼籍 に 入ら れ れ まし た。。。。

寺山 修司 が 亡くなっ から 三十 数 年 が 過ぎ て 寺山 自身 を 知る 人 も 高齢 化 し 、 人 に なら 人 も 数多く なり なり まし た。。。。 故 人 を 知る なり まし た。。。。。。。。。。 -

 

2006 年 (平成 18 年) 5月 6 日 (日) に 、 寺山 修司 の 業績 を 称える 国際 寺山 修司 が 名古屋 市民 の 第 1 会議 室 で 設立 さ れ た。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 の の の 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 第 会議 会議 さ れ れ れ た.

"もらうためでした。

国際寺山修司学会の設立総会の案内の中で、その趣旨と目標を、私は以下のように綴って綴ってまままま

"や鈴木忠志氏らと同様に注目されました。

"必ずし も いえ ませ。 また 、 劇作家 として の 寺山 と 、 の 戯曲 家 と の 関係 関係 本格 的 に 論じ 批評 も いまだ に 現れ た と は いえ 現状 です です。。 ≤

今こそ、寺山修司を、国文学はもとより、グローバルな視野でも捉える研究が必要になっししししし

ソポクレス 、 エウリピデス 、 ・ シェイクスピア 、 サミュエル ・ デフォー 、 ジョナサン ・ 、 アントナン ・ アルトー 、 アントン ・ チェーホフ 、 テネシー ウィリアムズ 、 ジャン ジロドゥ 、 、 ・ マルケス など など の の の の の の の の の の の &作家たちの作品と比較検討し、寺山の演劇を解読していく必要があります。

"など の 幅広い 分野 寺山 修司 は 活躍 を し まし た。 て マルチ メディア の 視野 から から あらゆる 視点 に 立っ 寺山 修司 研究 を 極め て いか なけれ ば ませ ん ん。。。 ≤

 

"活動に惜しみない助言を与えてくださっています。

国際 寺山 修司 学会 は 、 寺山 を 詩人 として 、 劇作家 として 評価 、 、 カレイド スコープ スコープ な アイデンティティ を 総括 的 研究 する 機関 であり ます ます。。 ≤

"

ポーランドで寺山修司を研究する津田晃岐氏は、近年学位論文として寺山修司について書き丁

"示した大著であります。

また 音声 学 から 修司 を 研究 し 学位 を とっ た 赤塚 氏 、 寺山 修司 の 詩 を 学位 論文 に まとめ 小 菅 氏 ら 、 が 様々 な な な な な な な な &角度から寺山修司を研究し学位を取って成果をあげ、さらに新たに若い学徒が研究成ててててて

国際 寺山 修司 の 研究 は まだ 道半ば に あり ます が 、 こと なく 辛抱強く 邁進 す べき だ と いう 声 に を を 傾け て 精進 する 覚悟 で ます ます。。。 ≤

今後 の 学会 活動 学会 刊行 書 『寺山 修司 研究』 によって 若い 学徒 が 寺山 修司 研究 に 寄与 できる よう 活動 や 研究 発表 の の て い ます ます。。。。。。。。。。。 &

 

 

 

2019年(令和元年)8月吉日

国際寺山修司学会学会長清水義和

bottom of page