top of page

略史

2006 (Jahr 18 Jahre)

 5月6日 国際寺山修司学会 設立

学会長に清水義和が就任。副会長に萩原朔美、都筑正喜、馬場駿吉が就任。

顧問に九條今日子、森崎偏陸が就任。

運営委員に久慈きみ代、福山隆夫、羽澄直子、鈴木能車、永松美保が就任。

事務局に北山長責が就任。会計監査に山田久美子が就任。

国際寺山修司学会第1回大会(名古屋市市民会館)開催

10月21日 国際寺山修司学会第2回秋季大会(愛知学院大学)開催

 

2007 (Jahr 19)

 3月20日 国際寺山修司学会 第3回春季大会(青森大学)開催

 5.12.12

 5月15日

10月10日 「寺山修司のすべて」(早稲田大学大隈小講堂)後援

 

2008 (Jahr 20 Monate)

 5月10日 国際寺山修司学会第5回春季大会(青森大学)開催

 5月11日

 30.09.2020

10月  4日 国際寺山修司学会第6回秋季大会(愛知学院大学)開催

    10月17-19日 国際研究集会「60年代演劇再考」に萩原朔美副会長、九條今日子顧問が講演

 

2009 (Jahr 21)

 5月16日 第7回春季大会(愛知学院大学)開催

11  6日 『寺山修司研究』第3号刊行

6. bis 8. November  「演劇大学in愛知」に『狂人教育』『ある男ある夏』上演

11月  8日 国際寺山修司学会 第8回秋季大会(愛知芸術文化センター化センター)閬8

 

2010 (am 22. Mai)

 5月15日 第9回春季大会(愛知学院大学)開催

10月16日 国際寺山修司学会第10回秋季大会(愛知学院大学)開催

 

Januar 2011 (23. Januar)

 5.15.15

 1.11.11

29.10. 国際寺山修司学会 第12回秋季大会(愛知学院大学)開催

Januar 2012 (24. Januar)

 5.12.12

 3.11.11

10月13日 国際寺山修司学会第14回秋季大会(愛知学院大学)開催

2013 (25 Monate)

_CC781905-5CDE-3194-BB3B-136BAD5CF58D_ 3 月 16 日 ~ 25日 寺山 修司 映像 及び 国際 寺山 修司 学会 ((ロンドン テイト ・ モダン 美術館) 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 協力 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 寺山 修司 修司 学会 学会 ((、 テイト モダン 美術館 美術館 美術館 美術館.

 5.11.11

 5月12日

 5月25日

 4.11.11

10月26日 国際寺山修司学会第17回秋季大会(愛知学院大学)開催

 

Januar 2014 (26. Januar)

 30.4

 4.11.11

 24.05.24

2015 (am 27. Mai)

 4.11.11

 5月23日 国際寺山修司学会 第19回春季大会(立正大学)開催

Januar 2016 (am 28. Januar)

 4.11.11

10月  1日 国際寺山修司学会第20回秋季大会(愛知学院大学)開催

Januar 2017 (29. Januar)

 5月27日

 10 vom 10.10.10

2018 (30 Monate)

 6月23日 国際寺山修司学会 第22回春季大会(長久手文化の家)開催

2019 (Jahr 31 Monate)

 3月  1日 『寺山修司研究』第11号 美輪明宏特集「毛皮のマリー」刊行

 3 am 30. Mai 2020

 22.6

 9.  1

企画に久保陽子が就任。情宣に中山荘太郎が就任。会計に赤塚麻里が就任。

死去により九條今日子が顧問を退任。その他役員・委員は留任。

2020 (2 Monate)

21. Juni 国際寺山修司学会第25回春季大会(長久手文化の家)開催

2021 (3 Monate)

7.11国際寺山修司学会 第25回春季大会(Zoom)開催

2022 (4 Monate)

28. Juni 25.06.2018 25:00 Uhr Zoomen

『寺山修司研究』第12号刊行予定

bottom of page